スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール

東南アジアでは高い、何も無いとには不評の国。

久しぶりにhostelworld(宿の予約サイト)で宿の予約をした。
1000円で、ドミだけど超キレイ、朝食付き、もちwifiフリー、勝手にエアコン付いてる。
質を考えれば思ったより安いと思った。
同じような物価の香港の豚箱みたいな宿に比べれば全然良い。


ヨーロッパに居たときほとんどこのサイトで宿を予約して移動していて、
最初に見るのは、
・値段
次に、
・立地とfree wifi (free と書いてないとたまに金を取られそれが高い。)
そして途中で学んだのが、ポイントの高い宿はなるべく避ける
理由は、込むし白人が好むのはバーが付いてたり騒げる場所が大好きなので、そこら辺に居る奴らは大抵夜中までうるさい。
だいたいね深夜の3時に帰ってきてドミの電気を付け飲み始めるっておかしくね?



とりあえずここでバングラディッシュのビザを取らなくてはいけないので早朝に大使館に行く。
DSCN4509.jpg
早朝から並びすぎだろが。 
1時間半後ヘロヘロで窓口へ・・・・ビ、ビザ・・・・


「何でお前はバングラディッユ人の列に並んでたんだ? 外人はこっちだぞ。」

あれっ・・・・・・・・外人の列2人しか居なかった。

さすがODAで貢献している日本。 
ビザ無料(大抵の国は有料)、しかも他の国の人より早く取得できる。 2日後無事ゲット。
ジャパニーズパワーをもろに実感出来る国である。

DSCN4513.jpg
ビルだらけ
DSCN4550.jpg
DSCN4573.jpg
有名なオーチャードロード。
長期旅行者は特に用事が無ければさっさと帰るはめになる。
そして帰り道「つまんね~」 と愚痴を言う。
日本から来た人はこの辺りに泊まっている
DSCN4517.jpg
ホーカーズ(集合屋台)
飯時はくそ込んでいる
DSCN5082.jpg
呑気なおっさんもいる
DSCN5004.jpg
有名店は並ばないといけない
DSCN4520.jpg
この店賞をとったそうだ
DSCN4522.jpg
チキンライス
好きな人多いが、正直自分はあまり食べない。
でもさすが超有名店。まじでうまい。
DSCN4543.jpg
マーライオン
こいつは素通りしてよし
DSCN4546.jpg

DSCN4510.jpg
シンガポールのOL。 後姿では日本人と区別が付かない。
DSCN4548.jpg
DSCN4549.jpg
第2次大戦の時、日本人は華人を虐殺したと書いてあった

DSCN4531.jpg
DSCN4537.jpg
ヒンズー教寺院。 でもチャイナタウンにある。

ここのチャイナタウン超キレイだなぁー。

地下鉄、市内バスもメチャメチャ綺麗。 

DSCN5008.jpg
やっぱり目が止まってしまう

DSCN5080.jpg
シンガポールと言えば何でも罰金。
でも思ってたほど表記少ない。

歩きタバコしてる奴も時々いるし、禁煙マークあろうと灰皿があるところではみんな吸っている。 喫煙場所なんか東京の方がよっぽど少ない。

だいたい取り締まっているような警官を全く見ない。

唾をペッペ吐くのは中国人、吐いちゃいけないのは華人だらけのシンガポール。
元々あんたたちは一緒の人間なんだからやれば出来るんだぞ。
本場の中国人たちよ。
でも自分はそんなアホな中国人好きだけどね。 


DSCN4561.jpg
DSCN4562.jpg
屋台でも喫煙席はある。 きちんと区分けされている。

屋台でビールを飲んでいたら、
DSCN4564.jpg
DSCN4566.jpg
この浅草で昼間から飲んだくれてるような華人のおっさん。 

かわいい顔していたから一緒にしゃべっていたら(こんな頭悪そうな人でも英語はペラペラ。俺はシングリッシュだからと笑っていた)

実はどっかの会社の社長らしく、飯、ビールを全部ごちそうになってしまった。

DSCN4587.jpg
DSCN4589.jpg
おみやげももらった。 あまり実用的ではなさそうだが。


翌日お昼に気付いたらベットの上。


睡眠薬ではなく記憶が吹っ飛んだだけ。

こんなことをしているとまたいつか盗難に遭ってしまいそうだ。

それにしてもシンガポールは日本人にとって1番住みやすい外国かなと思った。
英語通じるし、漢字読めるし、飯うまいし、必要なもの簡単に揃うし。

シンガポールは続く・・・・

マラッカ

シンガポールに飛んで来たがちょっとした都合のため先にマレーシアのマラッカに行く。

この国たばこの持ち込みが1本から課税されるというふざけている国だ。
普段なら気にしないがここはハイテク国家。怖いので持ち込まなかった。
勿論申告しないで見つかったら、高額な罰金です。

空港でタバコ買おうとしたら、700円くらい。 やばっ
ちなみに酒も結構高い。 

俺の生命線が・・・・・・

DSCN4352.jpg
空港内はどこに行っても、日本語の案内がある。
沢山来る日本人のみなさんへ敬意を込めてだか、ぞろぞろ来るくせに英語もろくに出来ない日本人への対応が面倒くさくて作ったのかは不明である。

それにしてもここの空港はかなり快適だ。
空港施設の日本語パンフレット、ローカル値段のスーパー、レストランだけでなく安い食堂街もある。

床で寝ているようなアホは一人も居ないので
DSCN4353.jpg
今日の寝床。 椅子が離れていて寝ずらい。


翌日昼頃マラッカに着く。

DSCN4358.jpg
バスに乗って宿があるチャイナタウンへ。 詰め込みすぎだろ
DSCN4359.jpg
買い物したらそろばんで計算された。 
自分も小学生の頃は出来たけど今は全く出来ない。
電卓だってあったのに何でそろばん教わってたんだろ? 
実用で使った経験はゼロ。
DSCN4379.jpg
超有名なオランダ広場
DSCN4365.jpg
観光客用のリキシャみたいなのもある。 人は多い。
DSCN4383.jpg
ダイソー。
日本のと変わらない。全部5リンギット(約130円)。品揃えはかなり良い。
でも、現地の食事が1食約5リンギットと考えると、日本で500円ショップくらいの感覚だ。
DSCN4390.jpg
マラッカ川
DSCN4469.jpg
町から少し歩くとポルトガル○世が住んでいるポルトガル村がある。
顔はヨーロピアンなのだが、色がかなり黒い(黒人以下東南アジア以上)人が多い。
どこでそんなに遺伝子が狂ってしまったのだろう?
ポルトガル料理が食べられるレストラン街を抜かすと特に何も無い。

有名なマラッカの夕日を海沿いに見に行ったら、
DSCN4420.jpg
ん? 改造車だらけだぞ


DSCN4402.jpg
レースか。 ちょっとマレーシアヤンキーっぽいのが多く最低の気分
DSCN4412.jpg
夕日見えねーし

DSCN4426.jpg
ここのチャイナタウンは週末夜市がある。 屋台がたくさん
DSCN4431.jpg
おばちゃんしか居ないのですぐ帰る

DSCN4398.jpg
揚げアイス。 これ結構うまいんだよ
DSCN4492.jpg
タイで良く食べていた、牡蠣のオムレツ
たいていどこでも牡蠣はすずめの涙ほどだがうまい。
でも大量の油を使うので1回食べるとしばらく食べたくない。
DSCN4450.jpg
夜のオランダ広場の前のリキシャ?はギンギラギン
DSCN4436.jpg
宿の真ん前がマラッカ川。
ここでビールでも飲みながら・・・・・でもしたいが、大瓶で1本400円くらい。 酒高すぎなんだよマレーシア。

マラッカ有名な割には小さい町だった。 歩いて十分まわれる。
でも、ショッピングモールもあるし、居心地の良い街であった。

クタはくそだった

自分はここでジゴロというのを見てみたかった。
とりあえず安宿が何件かあるエリアに向かって歩いていると、たむろしているインドネシア人のおっさん達が日本語でうるさい。 うざい。
「あなた何処行く?」
「良い宿知ってるよ。」
こいつらがマジで日本語うまい。 
「Very 安い」 とか片言ではなく、まともな日本語を使う。
そして、この近くを歩いている日本人を見ても自分と関わる事も無さそう、いかにもバリ島目的で来ましたって感じの日本人しかいないので別のエリアで探す。

当ては無いが、こいつらに聞くのは屈辱きわまりない。

結局宿、1200円もしたよ。 1泊だから我慢しよう。

とりあえず腹減ったので、旅行者が沢山入っていたぶっかけ飯屋でご飯をたべて、ジュースを飲みながら、旅行者観察をしてみる。

自分の悪趣味の一つにアジアの日本人旅行者鑑賞がある。 結構面白い。

見てると、
男が二人、まだインドネシアに来たばっかりです、な感じの女の子を連れ、いかにも「俺現地人に溶け込んでるんだぜ」みたいな様子で、べらべらおばちゃんに話しかけながら得意そうにおかずを選んでいる。

女の子たち、
長期旅行者は変な日本語を使う奴など絶対相手にしないだろうが、すごい真剣な顔で聞いている。 

が、そんなことをしていると自分みたいな奴にまで魔の手が寄ってくる
インドネシア人勝手に自分の隣に座り、

「あなたどこから来たのですか?」

「どのくらい居るのですか?」

「うち安いですよ。」

「あなた色黒いね。インドネシア人みたい。」

ちゃんと敬語までうまく使えるし。




自分がドラゴンボールのベジータくらい強かったら 「消えろ」 と言ってみたかった。

俺、「うるせ~なぁこのヤロー。関係ねーだろ黒いとか。」と無視してたら、

「あなた私無視してますね。うるさいですか?」

ドキッっとしたね。 人の心を読んだようなことをずばり言ってきたので。
こいつら馬鹿ではないから余計たちが悪い。


DSCN4319.jpg
噂のジゴロ君達。 やっと会えましたね。
いったい昼間から何をやってるんだか・・・・・
そんな自分も仕事もせず1年半以上も何をやってるんだか・・・・

それはよいとして、こんなのはまだマシな方。
もう後姿からだと日本人だかインドネシア人だか区別が出来ないような、ロン毛、茶髪なサーファーがいっぱい居る。

そして、日本人の女の子が通ると、
「おね~さぁ~ん。俺、覚えてる~?」 絶対初めてだろ。
ナンパ師だらけ。

一回自分はこれに振り向いたら、
「君じゃないよ」 って笑われたからね。
20歳くらいのヤローに「君」だよ「君」。 
くっそ~むっかつく~

DSCN4309.jpg
うみべ。 サーフィンヤロー
DSCN4326.jpg
テロで亡くなった人。

DSCN4322.jpg
左から二列オージーだし。 どんだけ来てるんだよ。ちなみに日本人2,3名亡くなっていた。
DSCN4335.jpg
ディスコ。
こんなのがあるのはここだけだ。
DSCN4344.jpg
KFCもマクドナルドもライスメニューがある。
yakiniku rice。
焼いてね~し、揚げてるがな。
普通日本の焼肉って言ったら、牛とかでしょ。 鳥ジャン。
予想以上にはずした一品。



そしてこの町公定レートより良い両替所がたくさんある。
みなさんは分かると思うが、手数料をメチャメチャ取る。
ためしに1回手数料聞いてみたら、答えは「ノープロブレム」だってさ。
答えになってね~し。 
しかも中には電卓に細工をしている所もあるらしい。 どうしようもねーなー。


翌日歩いていたら、
「あなた昨日酔っ払いましたね。 あなた、あなた・・・」
クックックーwww なんて周りの奴が笑ってるよ


・・・・むっか、むっか、むかつく~。ムッキーーーー

でも当たってるんだけどね。 何でこんな奴に見つかってしまったんだろう。


とにかくクタは惨敗続きでした。 
でも非常に濃い1日でした。
無念の思いを込めてシンガポールに飛ぼうとしたら、出国寸前で出国税ぶっこきやがった。 しかもたけ~(約1450円)
インドネシアの金なんか20円くらいしかね~よ。 仕方なくくそ悪いレートで貴重な20USDで払わされる。

何なん出国税って? 入国した時に払わせるとか、せめて出国税があるって入国したときに言えよ。 ただでさえビザも必要な国なのによ~。 ふざけんなよ。


こんなこともあり、インドネシアは、ビザ、出国税、地理的な場所、シングルしかないため宿代がアジアにしては高い(綺麗なところが多いけど)、飯もタイ、マレーシア何かに比べると少し落ちる、観光は人それぞれだけど・・・・
長期旅行でわざわざ行かなくても良いと思った。
そのせいか長期旅行者の日本人何て一人も会わなかった。



ウブド

ビーチ沿いは宿代が高いし、むなしいのでとりあえず有名なウブドにやって来た。

たまたま現地に住んでいる日本人とバスが一緒になり安宿を聞いた。

でも、久しぶりに会った日本人だが同じ旅行者では無いためか、ちょっと事務的な返事しかしてくれず話しづらい雰囲気だった。
ま、自分も日本人だって気付かず英語で話しかけてしまったし・・・
「ちょっとオーラが違うな~。現地化してやがるぜ。」
「あんたも昔は旅行者だったのじゃないの~?」
突っ込んでみたかったが、絡みづらかったので妄想で終わった。

宿450円。 やっと安いぞ。 ここで何日か居よう。
宿に着いたらいきなり「ロングステイか?」 何て言われた。そんなにロングステイしてる奴が多いのかここ?


DSCN4241.jpg
とりあえずインフォメーションに行ったら、ここ日本人専用だってさ。
はぁ~? ここで仕事するためにテンバザールの日本語学校で勉強したらしい。
ここに来れば何でも情報がそろう。
そして、現地に住んでるだろう人が手書きで書いた、10円の地図がかなり役に立ちそうなので買った。

DSCN4252.jpg
ウブドには散歩道が多い。 無料だしね。
でも蛇見たときはビビッた。
DSCN4218.jpg

DSCN4273.jpg
田んぼも多い

DSCN4164.jpg
ダック君

DSCN4174.jpg
モンキーフォレストとかいう場所。 すげーいっぱい居る。
猿のノミ取り。 チビ猿は胸ぐらを掴んでいる
DSCN4177.jpg
ボーッとしてたらこのくそ猿財布に手を突っ込んできやがった。
眼鏡取られた人もいるらしい。

ここで白人の女の子、猿20匹くらいに囲まれ大声で「キャーーーーーーーーー」www。

DSCN4203.jpg
キンタマーニ。 いかす名前だな。
DSCN4205.jpg
日本食屋で休憩。 勿論食べないで、漫画を読みまくる。
DSCN4240.jpg
空芯菜の炒め物。 これやっぱりうまいね。
DSCN4146.jpg
久しぶりのタコス。 
このあずきみたいなのフリホーレスとかいう。
グアテマラで毎日のように出てきて参っていたが、おいしい所はかなりおいしい。
DSCN4159.jpg
超有名な豚肉屋。 外人も沢山居る。
DSCN4158.jpg
たしかにうまい。 でもね300円くらいするので1回しか食べてない。
外人料金見え見え。 
バリ島自体が外人との二重価格になっているので、結構高くつく。
DSCN4229.jpg
渋滞しているところは渋滞している。
歩道にまで侵入してくるんじゃねーよ。

DSCN4297.jpg
ガムランボール? 俺知らないぞ。 
で、日本語片言だったけどね。
「癒される音色」・・・振らなきゃ音出ないがな。 要は鈴でしょ?
そんなに癒されるほどじゃないな。
DSCN4304.jpg
インドネシア広いな~。 自分が行った場所はほんのわずか。

それにしても住んでる日本人沢山いるそうだ。
日本食屋もたくさんある。 同じ金出すなら韓国料理の方が食べたいが無い。
聞いたら、韓国人はツアーでしか来ないらしい。
中国人の団体も沢山居る。 声でかいからすぐ分かる。

そして、「日本語メニューあります」 なんてレストランがやたら多い。
誰が訳したんだよ。 

ファイヤーダンスなるものがあってチケットを買ったのだが、何故かキャンセルされた。 払い戻せたからよいけど、結局自分は芸能と芸術の村ウブドらしいことは一つも触れていない。

ここは景観の維持のため建物の高さも規制されていて、外人向けのバーなども無い。
年とったらこういう場所良いんだろうね。
俺、まだそんな年ではないわ。 
でもゆっくりは出来るところだ。

バリ島に行く

ジョグジャカルタからバリ島に向かう途中にプロモ山というインドネシアで1番高くて景色が良い場所があるというので寄ってみる。

なんでも去年噴火があったそうで中々そんな場所もないだろうからせっかくだから行ってみた。



山の上で一泊。


夜中3時に起床。 ここから徒歩約1時間半。
へたれ外人どもはほとんどジープだったが、正直自分も乗りたかった。
DSCN4094.jpg
ブロモ山。
DSCN4075.jpg
ごおぉ~ん、ごおぉ~ん。 すごい音が聞こえる。
結構リアルである。
DSCN4078.jpg
朝日
DSCN4099.jpg
馬の客引きがうざい
DSCN4105.jpg




バリ島到着。
ここの島はヒンズー教。
途中まで気付かなかったけど、ジャワ島と1時間の時差がある。

とりあえず外人に薦められたサヌールというビーチにやって来た。


DSCN4123.jpg
コンビニでwifiが出来たりもする
DSCN4132.jpg
ビーチ沿い。
白人さん達が大量にいる。
冗談ではなく、アジア人旅行者対白人の比率は、1対20くらいである。

泳ぐところでは無く、ゴロゴロするところなのか?

DSCN4129.jpg
ヒンズー教。 分けの分からない銅像
DSCN4119.jpg
お供え物

日本人はそこそこ居る。 日本食屋も沢山ある。 でも居る人がね・・・・


男、アロハシャツ着て、「ち~っす。趣味っすか? サーフィンっすね。」
女、「ちょっとKYじゃな~い?」

だいたい商店で自分の前に居たギャルっぽい二人組(これは想像ではなく事実)

店員 155000ルピーを英語で「ワンハンドレッド・・・・・」
ギャル1 「やだーワンとかファイブサザンが何とか言ってるよ。」
ギャル2 「分かんなーいwww とりあえずこのお金だしてみよ?」

大丈夫かよ。おぃ


さらに、45歳くらいの女性2人組み

「休暇で1週間学生時代の友人とバリに来ましたの」
「あら、奥様エステでも行きませんか?」
「食事はいつも海辺のレストランですわ。 屋台? お腹をこわすってるるぶに書いてありますわ。」

こんな会話をしてそうなのしか居ない。 完全に自分は場違いである。

もう1種類居る。
現地に住んで○年。 インドネシア語ペラペラ。

そう言えば日本人ってこんなに色白かったっけ?
バックパッカーの女性のみなさんすみません。 



宿も1000円するし(清潔、シングル、朝食付き)、落ち着かないので1泊で脱出。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

らくだ

Author:らくだ
世界一周中です。 すでに半年経過してますが・・・ りっぱな情報は他の人のブログを見てください。 がんばって毎日更新 ・・・するかもしれません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。