スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルワンダ

ここはアフリカでどうしても来たい国であった。

こんな小さな国でもビザ50USD。 前の国ウガンダも50USD、次のタンザニアも50USD。


いきなり国境でビニール袋ほぼ全部没収される。
アフリカなのにエコすぎるぞ。
せめて中身をちゃんと見てから没収しろ


しかもこの国境で寝ぼけていたためウガンダの残った金 約400円分を 40円分のルワンダのお金に変えてしまった。 10分の1だ~

ルワンダは1994年にあったツチ族とフツ族のルワンダ大虐殺で有名な国。
ちなみに映画でも「ホテルルワンダ」で上映されています。
DSCN1456.jpg
ホテルルワンダで撮影に使われたホテル。 誰でも知ってる街1番のホテル

DSCN1457.jpg
ホテルルワンダ

DSCN1460.jpg
エコな国のためか街はきれい

どこでもゴミを捨てる同じアフリカとは思えない

豆粒くらいの大きさの国のため首都でもくそ狭い。 


この国珍しくベルギーの植民地だったためか、途端に英語が通じなくなる。
でも人は親切な人が多いので余り困ることは無い。

DSCN1470.jpg
とりあえず首都キガリのメモリルセンターにやって来た

中は撮影不可です。

いやーー映像とかもすごい。 目を背けたくなるようなのばかり。
他にも、アルメニア大虐殺、ユダヤ人の虐殺、カンボジアの内戦、ユーゴ内戦のコーナーもあった。

翌日、ルワンダ大虐殺の死体がたくさん保存されているギコンゴロという村にバスを乗り継いで行った。


残り3キロ、バイタクもあったがチャリタク(自転車タクシー)というものがあったので乗ってみたが、これが恐ろしく怖かった。

ガタガタで狭い下り坂、となり落ちたら命の保障は無いし、前からも運転の粗い車が突っ込んでくる。

そこをチリンチリン(おそらく車の奴には聞こえてない音)鳴らしながらもうスピードでブレーキもかけず下っていく。


DSCN1473.jpg
ここも撮影不可。 

以前までは撮影OKだったので写真みたい人は探してください。

いくつか部屋があり保存のためどこも腐敗した臭いと薬品の臭いがものすごい。
死体もかなり原型を留めていて、1つの部屋に何十体もある。
子供の死体だけの部屋、頭骸骨だけを集めた部屋等。

自分も写真では見ていたが実際見ると相当ショックを受ける。
正直臭いも含め吐き気がするくらいだった。

写真撮れないのは残念だったが、もう1回見れば十分。 

DSCN1476.jpg
ここがある場所は全く何もない田舎

帰りは歩いてバス停まで帰ってきた。
DSCN1478.jpg
ミルクセンターというところがあったので牛乳を飲んだ。

久しぶりにおいしい牛乳を飲んだ♪
すいませんどうでもよくて。
DSCN1479.jpg
ミルクセンター


他にゴリラツアー(これがくそ高い)くらいしか見所がないのでさっさと出る。

ゴリラはどうでもいいや。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

らくだ

Author:らくだ
世界一周中です。 すでに半年経過してますが・・・ りっぱな情報は他の人のブログを見てください。 がんばって毎日更新 ・・・するかもしれません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。