スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジアへ行ってみる

ローマから船でチュニジアに向かう。

船が出ている何とかという町まで向かい、フェリー乗り場が分からないので、駅にいた警察らしき人に聞く。

「駅の窓口で聞け」


で駅の窓口で聞く、


・・・・・・・・・・・・・・・・逆切れされ、どなられた・・・。



イタリア語だったがスペイン語と似ていたため、「ここはインフォメーションじゃねーーんだよ。」は分かった。

ただ、聞いただけじゃねーかよ。ぶつぶつ。  


しばらく歩きインフォメーションで聞いたらすぐ近くじゃねーかよ。 絶対知ってただろボケ。






P1020495.jpg
カルボナーラ
見た目まずそうだが、実際まずかった。
この後もイタリアでスパゲティを何回か食べたが1回もおいしい物にあたったことがない。

絶対日本の方がうまい。


そして夕方4時発のフェリー・・・・・・

ここで受付のねーちゃんにフェリー乗り場聞いたら、また逆切れされた。

もうイタリア嫌だ・・・・


P1020508.jpg
出発したときは夜の8時だだった

P1020513.jpg
今日の我が家

P1020540.jpg
地中海
うんきれいだよ。

やっぱりヨーロッパの船はディスコなんかが付いていたりする。

そして、チュニジア人はお祈りに熱心。

P1020549.jpg
こういうのをラビオリって言うのですか?
6€。 船の中でもたいして値段は変わらない

P1020555.jpg
隣の人の食事
お前らはどこいってもフライドポテトだな


チュニジアに到着。

いきなり入国審査で、「何処行くんだ?」「所持金は?」等。 そして連行される。

ま、意味不明のアジア人がこんなルートで入ったら怪しがれるな。 でも、入り口には日本語で、ようこそと書いてあった。


そのくせ、30分以上待たされたのに、質問は、「何処行くんだ?」 「チェニス(首都)」で釈放。


その代わり、日本のこと聞かれたり、パスポートのスタンプを見て興味津々に色々聞くこと30分。


もはや誰も居ない。1人で国境を越えるのは結構むなしい。


とりあえず地図もなく、宿など全く当てがないのでタクシーで市街に向かう。

でもイスラム圏といえば、メディナ(旧市街)があるので何とかなるだろう。


メディナ(旧市街)は真っ暗だった・・・ちょっと怖い

入り口に宿が数件見えたが、

運転手(英語通じる) が「俺はチュニジア人だから大丈夫だが、お前は止めろ。俺はお前が心配だ。宿が決まってないなら降ろさない。」 しつこく言われる。


以下省略。

俺、降りた。 が、その辺の宿高い。 約2000円。 ヨーロッパと同じ。

結局、メディナ(旧市街)はあきらめた。

幸い危険な感じはしなかったので探しまくり、警察に聞いたら安い宿を知っていた。


P1020570.jpg
とりあえず不気味な宿の前。
550円でシングル。 安いな。

ヨーロッパで全くいなかった蚊に久しぶりにさされ、隣の部屋の奴が夜中お祈りでぶつぶつうるさかった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

らくだ

Author:らくだ
世界一周中です。 すでに半年経過してますが・・・ りっぱな情報は他の人のブログを見てください。 がんばって毎日更新 ・・・するかもしれません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。