スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだオプウォは続く

ここの町南アフリカにしては宿が安い。

シングル120ナミビアドル (約1350円)
ツイン 180ナミビアドル  俺には関係ない
テント 40ナミビアドル   (約480円)
でも受付のかわいいねーちゃん親切なことにドミがあると教えてくれ、
65ナミビアドル (約700円) で泊まらしてくれた。
こんな町でもfree wifiじゃん。 でも4日居て1日半しか使えなかったけど。

しかも4日間ずっと宿1人。

宿も安いし、自分はここの町アフリカで1番気に入った町だった。

どう考えてもヒンバ族なんてのがそこら辺にうようよいるなんておかしいもん。

そしてヒンバ族の村に行ってみる。
宿の人に行きたいと行ったら、「そこの人に聞いて」 彼が連れてってくれるらしいが、あんたいったい誰?

この町、村? だかに旅行会社なんてものは存在しないのである。

ヒンバ族の村は沢山あるらしいが、今日行くのはここから10kmの村らしい。


ガイド 「午後になるとみんな農作業に行くから早いほうが良い。明日朝8時、俺の友達が車で乗せていってくれる。」

2時間待つ。 あまり期待はしていなかったが友達は迎えに来ない・・・

しかたないのでタクシーらしい。

まずお土産が必要らしいので、スーパーに買い物に行く。

小麦粉、コーヒー、ジュース、マーガリン(冷蔵庫なんてあるんか?)、パン等
約700円くらい。

予想はしていたがこいつはちゃっかり自分が飲むヨーグルトを買っていた。

DSCN2651.jpg
タクシー?だか良くわからない車の荷台に乗って5キロくらい。なぜか途中で降ろされ。
暑い中歩く羽目になる。

DSCN2578.jpg
だいぶ歩いたところを右にそれ森の中に入っていく。
ここからも結構歩く。

DSCN2579.jpg
家発見

DSCN2591.jpg
こんな家でも雨が降っても大丈夫らしい。 ほんとかよ?

DSCN2599.jpg
ちびっこ3人

DSCN2586.jpg
母ちゃん何か作業しているがちっともこっちは向いてくれない

DSCN2641.jpg
飯を出されるが、これがくそまずい。
まじで無理。 
だんごにプレーンのヨーグルトをさらにまずくしたものをかけてる味。

DSCN2642.jpg
じいちゃん俺があげたたばこをアル中のように震えた手で受け取り、死んでしまうんじゃないかくらいの勢いでむせていた・・・・・・初めてたばこ吸った中学生かよ

DSCN2607.jpg
んでこの娘。 写真を撮れ撮れずっと付いて来る。しかも撮った写真を必ずチェックしてくる。30枚くらい取らされたがおもいっきり飽きた。

俺、ガイドに「おいっ、村の人ってこれだけか?他の人は?」
ガイド「農作業に行った。夜には帰ってくる。」
だから言わんこっちゃ無い。アフリカの人間は全く当てにならない。

他の村、農作業の場所も遠いらしい。 

このガイド人は悪くないが、ガイドと呼べるような感じではない。
せっかくだからテントでも持ってきて1泊したほうが良いと思う。
つまんなかった・・・・・

良くこんな場所で生きていけるもんだと思えるが、そこら辺にビール瓶が落ちていたり、時々買い物には行っているらしい。

そしてこの町やたらバーが多い。
歩いて20分以内の距離にバーが10件くらいはある。

DSCN2523.jpg
DSCN2535.jpg
場内はまさにローカル居酒屋。
昼間っから酒飲んで、カジノ、ビリヤードしてどうしようもない奴ばっかりだ。

閉店時間を聞くと、「深夜2時。」 なのに朝から開いていたりする。
堕落した人間が多いのは簡単に想像出来る。

どう考えても自分は目立ちすぎるが、都会と比べてここの人は結構親切。
俺も酒なら負けない。 一緒に飲む。


ここで将来ボクサーを目指している奴と会った。
彼は29歳。 ボクサーってもっと若いんじゃないの?
DSCN2533.jpg
ちょーマッスル。
酔っ払った勢いで、ボクサーのパンチがどのくらいすごいのか試したくなり、
「ちょっとたたいてみて」

ビシッ

ぐはっ




俺椅子から転げ落ちる。 思いっきりやりやがった。くそ痛い。
ヒンバ族にまで笑われたよ。

DSCN2530.jpg
2人で記念撮影のはずが・・・・変な酔っ払い紛れ込んでくる。

ドイツの植民地だったためかビールは大瓶で120円でうまい。
アフリカ自体大抵どこでも安いけど。





DSCN2561.jpg
怪しい床屋があったので髪を切ってみた。

DSCN2559.jpg
どれもたいして変わらなさそうなヘアスタイル。
自分はクシを使えるほど髪の伸びた黒人を1人も見たことが無い。(男)

DSCN2558.jpg
久しぶりに坊主になった。 
ヘアスタイル名、「アフリカンスタイル」 
ツルツルにしようかと思ったが、ただでさえアフリカで目立つアジア人。
絡まれたくないので、この辺で止めておいた。

DSCN2560.jpg
切ってくれた人。
こんな頭でも30分以上かかった。 
アフリカのヘアスタイルは奥が深いのかもしれない?
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

らくだ

Author:らくだ
世界一周中です。 すでに半年経過してますが・・・ りっぱな情報は他の人のブログを見てください。 がんばって毎日更新 ・・・するかもしれません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。