スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルエスシャラーム

ダルエスシャラーム
そう言えばここは首都ではないらしい。 事実上の首都はドドマ。 どこだよ?
ここは東アフリカの中でも特に治安が悪いらしい。 嫌だなー

外務省のホームページでも、
日本人をターゲットにした強盗

タンザニア:邦人の恐喝(短時間誘拐)被害の多発に伴う注意喚起(2010/06/04)

何だよ短時間誘拐って? 聞いたこと無い言葉だぞ


1.最近,タンザニアのダルエスサラーム市内において,日本人旅行者をタ
 ーゲットにした短時間誘拐による恐喝被害が多発しています。5月に発生
 した主な日本人被害の概要は以下のとおりです。

(1)日本人旅行者が,市内の国立博物館で現地の男に片言の日本語で話し
  かけられ,市内を案内すると言われて男の用意した車に乗ったところ,
  現金とクレジットカードを恐喝された。その後,男は被害者を車両に乗
  せたまま,市内数か所のATMに連れ回わし,現金を引き出した後に被害
  者を解放した。

(2)日本人旅行者が、市内の日本人観光客がよく利用するホテル(YWCA)
  付近で買い物中,男に片言の日本語で話しかけられ,もっと安いホテル
  を紹介すると言われて,男の用意した車に乗ったところ,現金とクレジ
  ットカードを恐喝された。その後,男は被害者を車に乗せたまま,市内
  数か所のATMに連れ回わし,現金を引き出そうと試みたが,引き出せな
  かったため,クレジットカードを被害者に返し,被害者を解放した。
                ↑
          返すところがちょっとかわいい

(3)日本人旅行者が,日本人観光客がよく利用するホテル(YMCA)付近を
  歩いていると,現地警官の制服を着用した男にパスポートの提示を求め
  られたため提示したが,理由も無く手錠をかけられ,男の用意していた
  車に無理矢理乗せられた上,現金とクレジットカードを恐喝された。そ
  の後,男は被害者を車に乗せたまま,市内数か所のATMに連れ回わし,
  現金を引き出そうと試みたが,引き出せなかったため,クレジットカー
  ドを被害者に返し,被害者を解放した。

2.なお,過去にも,日本人旅行者が市内を歩行中,突然,男に体を掴まれ,
 無理矢理に男の用意した車に乗せられ,上記と同様の手口で現金を恐喝さ
 れるという事件が発生しています。

等・・・・・そりゃまずいって


夜到着してしまい怖いので、結局バス停の宿に泊まる。
10ドルでエアコン付きの部屋。  ひゃっほーーーー♪。
標高がないのでくそ暑い。
こういう時に何故かホットシャワーが使えても意味がない。


翌日市内観光。
昼間は普通に大丈夫そう。 でもカメラは持ち歩きたくなかった。

・・・・・・・・・つまらん。 1時間で飽きた。暑い。
だいたいアフリカの町はどこも工夫が全くなくてつまらん。

ここまで来る途中で遭ったタンザニア人がくそだらけだったのでもうザンジバルに行くの止めた
・いい大人にまで馬鹿にされ、うざい
・ぼったくり多い
・キリマンジャロのガイドともめる
・治安も良くない

さらにザンジバル島はイスラム教なので酒が飲みづらく、割高になるためもちろん飲兵衛としては避けたい場所である。

もうこの国に居たくないのでマラウィも飛ばして、ザンビアに向かう。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

らくだ

Author:らくだ
世界一周中です。 すでに半年経過してますが・・・ りっぱな情報は他の人のブログを見てください。 がんばって毎日更新 ・・・するかもしれません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。